電子書籍 Amazon vs 日本製

スマートフォンやタブレット端末が一般的になったことにより、電子書籍も少しずつ一般的になりました。通勤電車の車内でスマートフォンを使って読書をしている人も見かけるぐらいですし、テレビCMも放送されていますから、世間にもかなり浸透しているといえるはずです。

電子書籍を読むための専用リーダーは、Amazonと日本製の2つに分けることができます。日本の電子書籍は、数年前まで日本のメーカーが主導していました。しかし、現在では後発のAmazonが一人勝ちといえる状況にいなっており、日本製の専用リーダは苦戦しています。

苦戦している理由にはいくつかありますが、一番大きいのはストアの使いやすさでしょう。電子書籍を購入するためには、専用のストアで電子書籍のデータを購入する必要があります。Amazonのストアは、非常に使いやすいとされています。取り扱い数はAmazonが日本で一番多いとされており、日々その数は増え続けています。

電子書籍によっては、Amazonにはあるけど日本製の他のストアにはない、といったこともあるのです。これは電子書籍の争いにおいて、大きく影響すると言っても過言ではありません。普段から利用している電子書籍ストアに欲しい本がないと、わざわざ別のストアを利用する必要があります。ほとんどのストアではスマートフォンやタブレット端末のアプリを使うことにより、専用リーダーは必要ありません。

しかし、利用するストアが多くなってしまうと、電子書籍の管理が非常に面倒になります。後からあの電子書籍を読みたいと思ったときに、どこのストアで購入したか分からなくなることもあるのです。そのため、普段から利用するストアは一カ所に絞ろうとして、取り扱い数の多いAmazonが有利になります。また、普段からAmazonを利用している人にとって、使い慣れたサイトで購入できるのも大きなメリットです。

さらに専用リーダーの価格も、日本製よりもAmazonの方が安いです。機能面を比較しただけでは、日本製の専用リーダーが劣っているわけではありません。マンガなどを読む場合には、Amazonの専用リーダーに比べて、日本製の方が見やすかったりすることもあるほどです。しかしAmazonの専用リーダーは、日本製よりも格安です。スマートフォンやタブレット端末があれば専用リーダーは必要ありませんが、この価格差は非常に大きいといえるでしょう。