本の未来?電子書籍

乱立する電子書籍

電子書籍の乱立が著しいです。たしかに気軽にダウンロードできて、ディバイスを使って読むことが出来る便利なツールです。サイズも小さいので持ち運びに便利で、嵩張ったり荷物になってしまうこともないのがこの電子書籍の魅力とも言えます。だれでも作家デビューすることができるので、昔よりも作家になることの敷居が低くなりました。自費出版には膨大な費用がかかりましたが、今では電子書籍から簡単に書籍を発表することが出来るようになったのです。ただ、先日メディアに取り上げられたように、その発行元の会社が営業をやめてしまうと、せっかくダウンロードしても読むことができなくなってしまいます。営業の悪化によって電子書籍の配信をストップさせる会社が出てきており、利用者からは不満の声が高まっています。電子書籍に関しては改善点が多く、ディバイスを幾つも持ち歩かなくても良いように統一してほしいとの声が高まっているのも現状であります。

どの端末がみやすいか Kindle?iPad?

最近、電子書籍が話題となっている。持ち運びに便利である点が人気の要因の一つでしょう。有名な電子書籍用の端末として、KindleとiPadがあげられます。今回は両者の短所と長所を説明しつつ、どちらが読みやすいのか判断します。まず、Kindleについて説明します。この端末には、Kindle Fire やWhite Paper など用途に応じた様々なタイプの機種が販売されています。その中でも特に、電子書籍を読むことに特化した端末がWhite paperです。LDE ライトを使用していないため、長時間の読書に向いています。しかし、電子書籍を使用する以外のことに用いるには不便です。パネルの反応速度や入力のやりにくさがその例です。対して、ipadは様々な使い方があります。アプリのダウンロードも可能であるため、Kindle以外の電子書籍を読むことも可能です。しかし、長時間の読書には向いていません。letinaディスプレイの場合は尚更です。不眠症状が出る可能性もあります。以上のように、それぞれに長所や短所があるので、目的にあったものを購入するのが一番良いです。

電子書籍 eBookJapan

これまで紙の本だけを読んで来て電子書籍は読んだことがありませんでした。ですが、年々増えて行く書籍のために部屋の居住空間が逼迫していることに鑑み、電子書籍をeBook Japanで購入してみることにしました。1度読むとしばらくは開かないけれど、いずれ必ずまた読みたくなる文学全集や長編コミックなど、本の置き場に困ったことが動機で買い始めた電子書籍ですが、利用して「なるほど便利だな」と感じたことがあります。まず、在庫切れがない。当たり前ですが物理的な紙の本ではなくデータですので在庫がなくなることがありません。次に、買いたいなと思った時にいつでもすぐ買える。よくネットサーフィンをしていて読みたい本を見つけることがありますが、大抵の場合それは深夜。書店は閉まっています。でも、eBook Japanなら買いたい本を見つけたらその時にすぐ買えます。さらに、好きな本がいつまでも劣化しない。これはコミックなどの場合、特に重宝します。これまでは「紙の本でないと読んだ気がしない」と思っていましたが、利用してみて、電子書籍にはいろいろなメリットがあることが分かりました。これからは電子書籍を読む機会が増えそうです。